日本土建株式会社│総合建設業│土木│建築│住宅│三重県津市

 

放電破砕工法

   

     ①火薬類を使用しません。

     ②破砕力・騒音・振動の制御が可能

     ③周辺の住民の皆さんや環境にやさしい工法

     ④狭い現場や室内でも施工可能

 

 

Flash Blaster(放電破砕工法)は、Hitz日立造船が開発した装置による、

      環境負荷の低減と施工精度向上をめざした岩盤・コンクリートなどの破砕工法です。

   
「Flash Blaster」の主な特長
Flash Blasterの位置づけ

安全性と環境への影響を考慮した「Flash Braster」。

連続騒音や振動の発生を制御でき、市街地での施工も可能です。


  • 火薬類取締法の規制を受けません。
  • 破砕力をコントロールできます。
  • 振動・騒音・粉塵の発生が制御できる、優しい工法です。
  • 消費電力が少ない省エネルギー工法です。
  • 大型重機が使えない狭い現場や、室内でも施工が可能です
 
「Flash Blaster」の基本的な仕組
Flash Blasterの基本原理
「Flash Blaster」は、高電圧を瞬間放電できる装置と、放電現象を発生させる放電チップ及び、反応液を封入した放電カートリッジ「エコリッジ」から構成されています。
高電圧(1.5kV~6kV)を「エコリッジ」へ高速で供給します。
放電現象によって「エコリッジ」の放電チップと反応液が反応し、瞬間的な膨張力(破砕力)が発生します。
破砕力は、放電カートリッジ「エコリッジ」のサイズによりコントロールします。
 
 

当社施工事例

当社施工事例
 

平成23年度 42号多気地区橋梁耐震補強工事

橋脚伸縮装置取替の為、既存装置の破砕を行いました。

騒音発生時間の抑制を目的として放電破砕工法を取り入れました。

 
 
放電衝撃発生装置
放電衝撃発生装置
 
削孔状況
削孔状況
 
放電カートリッジ装填状況
放電カートリッジ装填状況
 
装置セット完了
装置セット完了
 
放電破砕前
放電破砕前
 
放電破砕の瞬間
放電破砕の瞬間
 
放電破砕直後の状況
放電破砕直後の状況
   

適用工種については

●岩盤掘削・撤去  ●トンネル岩盤掘削  ●鉄筋コンクリート解体・撤去 ●支承部周辺補修 ●伸縮装置取替・撤去 ●転石破砕・撤去 ●深礎工掘削 ●ダム放流設備改修工事

などとなっております。

 

詳しくは

電破砕工法|製品紹介|Hitz 日立造船株式会社のHPにてご覧ください

日本土建株式会社
〒514-8586
三重県津市大倉19番1号
TEL.059-229-5700
FAX.059-229-5689

───────────────
総合建設業
───────────────
<<日本土建株式会社>> 〒514-8586 三重県津市大倉19番1号 TEL:059-229-5700 FAX:059-229-5689